崑崙花~ハンカチの花~

「植物あれこれ♪(スタッフブログ)」6月2週目~

最近、山々を見かけるとイジュよりもひと際目立つ純白の花?をみかける。

崑崙花(コンロンカ)と言う常緑低木半つる性の植物であることが分かった。

よく見ると花は黄色の星形で、白く見えるのは外側の葉が変化した1枚の大きなガクで、それがハンカチにみえることから「ハンカチの花」とも呼ばれているようです。因みに、「ハンカチの木」とは違う植物です。

崑崙花の名前の由来は、中国の伝説の山とされる「崑崙山」が由来と言われています。また、植物の花言葉は本来恋愛絡みに関するものが多いイメージですが、崑崙花は、「神話、南の風景」と一風変った花言葉がついています。

やんばる地をドライブしながら探してみてください。

★新着情報「植物あれこれ♪」のご案内★

弊社のスタッフが交代しながら投稿していく「植物あれこれ♪(スタッフブログ)」
毎週月曜日に更新していきます!

FacebookやTwitterで通知を受け取ることもできます!
ぜひフォローよろしくお願いいたします。
Facebook:https://www.facebook.com/flowershop.ranran/ 
Twitter:https://twitter.com/flower_ran2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA